唾液のすごい働き☆

 

 

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

 

皆さん、唾液(だえき)がお口の中で大きな働きをしているのを、ご存知ですか?
唾液(だえき)とは、『つば』の事を言います。

唾液はお口の中を潤すだけでなく、お口の中の細菌を抑え、虫歯や歯周病、口臭などのいろいろなトラブルから守ってくれています(゜o゜)

 

 

今回は唾液のすごい働きを紹介します!!

前回の『ドライマウス』の所でも、

少し紹介していましたが…こんなにたくさんの働きがあるんです☆

 

 

消化を助ける
 食べ物の消化を助ける事で胃腸への負担を軽減します。
浄化させる
 食べかすを洗い流すので、お口の中を清潔に保つことができます。
再石灰化の促進
 食事をする事で歯質が溶けかかった(脱灰)部位に対して、再石灰化を促進させることで虫歯を防ぎます。
お口の粘膜を保護する
 お口の中の乾燥を防いだり、食べ物を滑らかにして粘膜や舌が傷つかないようにします。
細菌の増殖を防ぐ
 お口の中にはたくさんの細菌がいます。その細菌を殺菌し、発育を抑制します。
お口の中を潤す
 粘膜を唾液で潤いをもたせる事で、食べ物の飲み込みや発音を容易にします。
味を感じやすくする
 味を感じやすくさせることで、食欲や消化酵素の分泌、消火管運動を促進させます。
排泄
 体内に投与させた薬物や化学物質などが血中濃度が高い場合、唾液中に排泄されます
水分代謝
 脱水状態になった場合、唾液の分泌速度が減少しお口の中が乾燥状態になります。その際、尿の生成を抑制し、飲水行動を促進させます。
歯を保護する
 唾液の中のタンパク質などが歯の表面に薄い膜(ペリクル)を形成し、酸による脱灰から歯を保護します。
中性に保つ
 食事をする事で酸性に傾いたお口の環境を、中性に保ちます。

 

 

このように、お口の中でさまざまな働きをしています!

 

また、よく噛む事でたくさん唾液が分泌されます。
歯ごたえのある物や、一口30回噛んだりしてたくさん唾液を出すようにしましょう!
他にも、お口の中には唾液の出る所が大きく3つあります。


・耳付近、上の奥歯付近にある『耳下腺』(じかせん)
・下あご付近にある『顎下腺』(がっかせん)
・舌の下にある『舌下腺』(ぜっかせん)

 

 

ここの部分をマッサージする事で唾液を分泌させることができます!

 

 


 

ぜひ、試してみてください\(^o^)/

 

また、寝ている時が1番唾液の分泌が少なくなります。
っという事は、細菌が増殖しやすくなり虫歯や歯周病のリスクも上がります。
なので寝る前の歯磨き、そして朝起きてからの歯ブラシは1番大切です!
忘れずに行いましょう!

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。