豆知識『喫煙と歯周病』

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

こんにちは。

雪もすっかり解けて、米沢ももうすぐそこまで春がきていますね!(^^)/🌸🌸!春が待ち遠しいスタッフの森谷です🌳🌳🌳

 

 

今回の豆知識は『喫煙と歯周病』についてお話したいと思います。

 

 

喫煙によって起こり得る全身への影響(肺がんを始めとする多くのガン、心臓病や早産・流産等妊娠に関連した異常など)については知っている方も多いと思います。

 

では口腔内の影響についてはどうでしょう?口腔内においても喫煙は様々な影響を及ぼしているのですが、このことを知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

タバコを吸っている方の中には口臭がある、ヤニがついていると感じる方もいらっしゃいますよね。タバコを吸っている方は、吸っていない方に比べて歯周病にかかりやすく、また進行しやすく、さらには治療しても治りにくいことがわかっています。その差は約2.9倍とも言われています。

 


タバコを吸っている方は歯肉からの出血は少ないですが、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)が深くなっていることが多く、気づいた時には歯周病がとても進行していた!なんてことも多くあります😖(実際に通院されている患者さんでもいらっしゃいました)

 

 

 


どうしてタバコを吸う人は歯周病が進行しやすくなってしまうのでしょうか。

 

 

◎歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまう
◎歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管がタバコのニコチンにより収縮してしまう
◎歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きが抑制されてしまう
◎歯と歯茎の境目にある溝の中の酸素が不足し、歯周病菌にとって繁殖しやすい環境になってしまう

 

 


と、いう理由で歯周病が進行しやすいと考えられています。

 

 

また、ヤニが歯の表面に着くことで歯周病の原因となる歯垢や歯石が付きやすくなってしまうのです。

 

 

 


このようにタバコは口の中に様々な影響を及ぼしますがタバコを吸っている人でも禁煙することで歯周病のかかりやすさはなんと約4割減少するといわれています。

 

 

歯周病の治療は虫歯の治療と違い、〇回で治療終了!という事はありません。進行していないかどうか、定期的に歯科医院を受診してしっかりと管理していくことが重要になります。患者さん自身と歯科医院との二人三脚で治療していくことが必要です。

 


正しいブラッシングを身につけたり、歯周病の原因となる歯周ポケットの汚れを歯科医院でしっかり落として、歯周病の進行を防いでいきましょう!

 

 

治療期間はかかってしまいますが、歯はとても大切な体の一部です。

 

 

 

歯周病のリスクを減らし、自分の大切な歯を守るためにも禁煙に取り組んで、お口の中から健康になってみませんか。

 

 

 

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

日本一の歯科医院を目指します‼‼

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。