投稿者「米沢ファミリー歯科・矯正歯科」のアーカイブ

豆知識ブログ!!『知覚過敏とは』

 

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

 

みなさんこんにちは!ついに雪が降り始めましたね❄本格的な冬がやってきました!
寒くなり、冷たい風や冷たい水で歯がしみる(>_<)…なんて方いらっしゃいませんか?
それはもしかしたら???
今回のテーマ『知覚過敏』かもしれません!

最近、歯みがき剤のCMで知覚過敏という言葉を耳にしますよね?

歯がしみることだということは、ご存知の方も多いと思います。

ではなぜ知覚過敏は起きるのでしょうか。

知覚過敏とは?
むし歯でもないのに、歯ブラシなどが歯に当たったり、風に当たった時、冷たい(温かい)飲み物や食べ物が口に入った時に一時的に起きる歯の痛みの症状のことをいいます。

歯の神経の周りは、柔らかな象牙質でできていて柔らかく組織もスカスカです。その上に表面が固いエナメル質がありますが、このエナメル質があるのは歯ぐきのうえの見える部分だけなんです。                                                                      

このエナメル質が何かの原因で削れたり、歯ぐきが退縮して歯の根元の象牙質が露出して、神経に刺激が伝わり痛みになります。


では、歯の表面のエナメル質が傷ついたり削れてしまう原因にはどんなことが考えられるでしょう?
●歯みがきの力が強すぎる・歯みがき剤のつけすぎ
最も大きな原因と言われています。毎日ゴシゴシと力任せにみがいていると、歯がすり減ってしまいますし、歯茎も下がってしまう可能性があります。やさしくみがいてくださいね(*^^*)
また、市販の歯みがき剤には歯の表面の汚れを効率よく落とすために「研磨剤」が配合されています。研磨剤の入った歯みがき剤を使えば、ますます歯は削られてしまいます。使うとしてもほんの少しの量で充分ですし、研磨剤の少ないもしくは入っていない歯みがき剤を使うといいかもしれません。

歯はみがかなくてもダメ、みがきすぎてもダメなんです(>_<)
●歯周病・加齢による歯肉退縮
歯周病が進行し歯茎が下がってしまうと、歯の根元部分が露出してしまいます。歯の根元部分は、エナメル質はなく象牙質のみでできているので刺激を直接受けてしまうのです。
また、歯周病ではなくても年齢とともに歯茎が下がっている場合もあります。
●歯の食いしばり・歯ぎしり

歯を強く嚙みしめる食いしばりや歯ぎしりによって、歯ぐきが下がったり歯周病を進行させてしまう場合があります。自分では自覚しづらいので、歯科医院で診断してもらいマウスピースを使うことで予防になります。

自分では気付かないうちに起こるものだということがわかりますよね(´・ω・`)

一時的に知覚過敏専用の歯みがき剤を使ってみるのもよいと思いますが、歯科医院を受診して正しい処置をうけましょう。むし歯の初期症状と知覚過敏の症状は似ているので、むし歯を放置して深刻な状況まですすんでしまう可能性があります。また、知覚過敏の症状を抑える治療もありますし、歯みがきや生活習慣の指導を受けて予防につなげていってほしいと思います。
歯がしみてお困りの方、知覚過敏を予防していきたい方もぜひいつでもご相談くださいね。         
髙橋   

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。

                                                                  

歯科豆知識「乳歯の種類と本数」

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

こんにちは!少しずつ寒くなってきましたね⛄❅

みなさんいかがお過ごしでしょうか??

 

今回の歯科豆知識は「乳歯の種類と本数」についてお話しをしていきたいと思います♪

みなさん子どもの歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)では本数や形、色までも

違うのはご存知ですか?

乳歯は生後6ヶ月ごろから生え始め、2~3歳までに上下合わせて20本生えそろいます。

乳歯にはこの絵のように一つひとつの歯に名前がついていたり、生えてくる時期があります。

私たち歯医者ではどこの歯がどのような状態なのか、ということがすぐにわかるように

アルファベット(ex.右上のA.など)で表すなどしています!

一般的には下の前歯、上の前歯、そしてその両わきの歯が生えて奥歯が生えてきます。

しかし歯の生える時期やスピードには個人差があります★

半年ほどの遅れや早く生えてきたからといって特に問題はありません(*´ω`*)

 

では、大人の歯であれば一生大切にしなければいけない、とみなさん思うかもしれないですが

実は乳歯のころからのむし歯予防や歯並びが健康な永久歯が生えてくるのに

とても大切になってきます(`・ω・´)!

 

乳歯の特徴としては・・・

・歯が小さい

・色が白い

・むし歯菌に対する抵抗力が低い

など永久歯とは違うところがたくさんあります。

 

では乳歯の役割は・・・?

食べものをかむ

発音を助ける

あごの発育を助けて顔の形を整える

永久歯が生えるときの目印になる

生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はありません!

保護者の方からの感染がほとんどです。

同じ箸を使って食べさせたり、食べ移しをしたりするなどはしないようにしましょう!

そして歯が生えるまえから歯がためを使用したり歯が生えてきたら本人磨きや

仕上げ磨きをすること、またフッ素の利用などをしてむし歯予防をしましょう(^^)♪

乳歯が健康な基準として、3歳児検診でむし歯”0”が目標です✨✨

小さいころからの歯みがきの習慣、歯科医院への受診をおすすめします☆彡

 

横尾

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。

 

糖尿病と歯周病

3代続く米沢市の歯科医院、米沢ファミリー歯科・矯正歯科です。
先日、村山市にて講演会に行ってきました。演題は「歯科が輝けば日本の未来は明るい」という演題でした。講師は西田亙先生。糖尿病専門医で愛媛県で開業しているお医者さんです。この先生は以前は90キロ以上あってメタボだったのが歯周病の治療で健康になり、29キロ近くダイエットしたことがきっかけで歯周病治療の大切さを知り、全国に講演しまくり、本もたくさん書いているとっても凄い先生です。
糖尿病と歯周病は密接な相互関係があることがわかっています。歯周病は糖尿病の第6の合併症と言われ、歯周病があると糖尿病が悪化して、逆に糖尿病患者は歯周病になりやすいと言われています。糖尿病になると血糖が上がり、好中球の機能低下や血管の脆弱化、創傷治癒の遅延とうが起こり、歯周病の発症や進行にかかわっているらしいです。また、歯周病になるとインスリンの機能を低下させるTNF-αの産生が促進されます。そして歯周病が進むと固いものが食べれずに柔らかいものばかりを食べることで血糖値の上昇を招き、糖尿病が進行します。このように歯周病があると糖尿病が進行して、糖尿病が進行すると歯周病がさらに進行して負のスパイラルに陥ります。この負のスパイラルを断ち切るには糖尿病、歯周病ともに治療することが必要です。
近年、歯周病の治療をすると糖尿病が良くなるという論文が多くあります。それを細かく検証した論文では歯周病を治療するとHba1cという値が0.4~0.7下がるといわれています。これは糖尿病のお薬1個分に匹敵する値です。糖尿病がある方は、歯周病の治療をしてメンテナンスを受けてください。また、歯周病のある方は血液検査をして糖尿病があるか定期的に検査してください。歯周病も糖尿病も初期には全く症状がなく、進行すると完治しない病気です。まず、予防が大事です。また適切な食事と運動、睡眠で健康寿命を延ばしましょう!最新のニュースでは早産と歯周病が関連があるそうです。妊娠する前に口腔内をすることが大事です。パートナーのお口も一緒にきれいにして新しい命を迎えましょう。ファミリー歯科は家族でお口を管理することを強くお薦めします。

3代続く米沢市の歯科医院、米沢ファミリー歯科・矯正歯科
住所 山形県米沢市本町3-1-43
電話 0238215533

豆知識ブログ☆MFTって何?

こんにちは!米沢ファミリー歯科の豆知識ブログ!!

今日は『MFT』についてです。『MFT』と聞いてほとんどの方が頭の中に?(ハテナマーク)が浮かんだのではないでしょうか?

 

 

歯並びや咬み合わせの形には、遺伝だけではなく、幼少期の

生活習慣や癖なども大きく影響を及ぼしています。

例えば、指しゃぶりや舌の癖、頬杖や口呼吸などの習慣があると、お口の周りの筋肉の緩みにつながる事があります。

舌や口唇、頬などのお口の周りの機能を改善するために行う

トレーニングのことをMFT(口腔筋機能療法)と言います。

 

では、口の周りの筋肉の機能が悪いと言うのはどのような状態だと思いますか(´・ω・`)?

 

歯には、外側からは唇や頬からの力があり、内側からは舌からの力がかかっています。この力のバランスがつりあっていると歯は正しい位置を保つ事ができます。これに対して、いつも口をポカンと開いていたり、いつも口で呼吸をしていると、唇から歯にかかる力が少なく、舌から歯にかかる力が増した状態になるため、歯が外側に出てきてしまったり、前歯がかみ合わず、物が咬みきれなくなったりするなどの不正咬合が生じる事があります。

また、食べたり、飲み込んだり、話をしたりするときの筋肉の働きが正しくない場合には、うまく食べられない、クチャクチャ音を立てて食べてします、歯垢がたまりやすい、滑舌が悪い、矯正治療の後戻りを生じる、などの問題が起こるのです。

 

 

歯並びや咬み合わせに悪影響を招く原因として、以下のものが挙げられます。

 

①指しゃぶり

上下の噛み合わせが悪くなります。開口や上顎前突(出っ歯)になりやすいです。

②舌癖(舌の癖)

舌で前歯を押すので前歯の歯並びに悪影響を及ぼします。

③口呼吸

常に口が開いた状態になると、顔面の筋肉や骨格、咬み合わせに悪影響を及ぼします。

④歯ぎしり、食いしばり

歯や顎に過度な負担がかかり、歯並びの乱れや顎関節症を引き起こします。

⑤片咬み

顔の歪みや変形を引き起こします。

⑥爪咬み・唇咬み

歯や歯ぐきに大きな負担になります。不自然な顎の動きが習慣化して、顎関節に悪影響を及ぼします。

⑦頬杖

人間の身体の中でももっとも重い頭部を顎で支えるため、重みが一点に集中する事で顎が変形してしまいます。

⑧うつ伏せ寝・横向き寝

顎の骨に負担がかかります。

⑨早食い・丸呑み

よく噛むことは、顎の正常な発達に大きな役割を果たします。柔らかい食品が多くなったことでよく噛む習慣は薄れつつあります。

 

このような悪影響を改善しないと、装置を使用し歯並びを綺麗にしても後戻りにつながるので、米沢ファミリー歯科では矯正を行いながらMFTを導入しています。

歯並びについて相談したい、詳しく聞きたい方先生やスタッフに声をかけてください(`・ω・´)♫

 

鈴木(保)

 

唾液のすごい働き☆

 

 

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

 

皆さん、唾液(だえき)がお口の中で大きな働きをしているのを、ご存知ですか?
唾液(だえき)とは、『つば』の事を言います。

唾液はお口の中を潤すだけでなく、お口の中の細菌を抑え、虫歯や歯周病、口臭などのいろいろなトラブルから守ってくれています(゜o゜)

 

 

今回は唾液のすごい働きを紹介します!!

前回の『ドライマウス』の所でも、

少し紹介していましたが…こんなにたくさんの働きがあるんです☆

 

 

消化を助ける
 食べ物の消化を助ける事で胃腸への負担を軽減します。
浄化させる
 食べかすを洗い流すので、お口の中を清潔に保つことができます。
再石灰化の促進
 食事をする事で歯質が溶けかかった(脱灰)部位に対して、再石灰化を促進させることで虫歯を防ぎます。
お口の粘膜を保護する
 お口の中の乾燥を防いだり、食べ物を滑らかにして粘膜や舌が傷つかないようにします。
細菌の増殖を防ぐ
 お口の中にはたくさんの細菌がいます。その細菌を殺菌し、発育を抑制します。
お口の中を潤す
 粘膜を唾液で潤いをもたせる事で、食べ物の飲み込みや発音を容易にします。
味を感じやすくする
 味を感じやすくさせることで、食欲や消化酵素の分泌、消火管運動を促進させます。
排泄
 体内に投与させた薬物や化学物質などが血中濃度が高い場合、唾液中に排泄されます
水分代謝
 脱水状態になった場合、唾液の分泌速度が減少しお口の中が乾燥状態になります。その際、尿の生成を抑制し、飲水行動を促進させます。
歯を保護する
 唾液の中のタンパク質などが歯の表面に薄い膜(ペリクル)を形成し、酸による脱灰から歯を保護します。
中性に保つ
 食事をする事で酸性に傾いたお口の環境を、中性に保ちます。

 

 

このように、お口の中でさまざまな働きをしています!

 

また、よく噛む事でたくさん唾液が分泌されます。
歯ごたえのある物や、一口30回噛んだりしてたくさん唾液を出すようにしましょう!
他にも、お口の中には唾液の出る所が大きく3つあります。

・耳付近、上の奥歯付近にある『耳下腺』(じかせん)
・下あご付近にある『顎下腺』(がっかせん)
・舌の下にある『舌下腺』(ぜっかせん)

 

 

ここの部分をマッサージする事で唾液を分泌させることができます!

 

 


 

ぜひ、試してみてください\(^o^)/

 

また、寝ている時が1番唾液の分泌が少なくなります。
っという事は、細菌が増殖しやすくなり虫歯や歯周病のリスクも上がります。
なので寝る前の歯磨き、そして朝起きてからの歯ブラシは1番大切です!
忘れずに行いましょう!

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。

 

 

 

口腔がんについて

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 みなさんこんにちは。久しぶりの院長ブログになります。ブログ更新は5か月ぶりなのですがそれまでにいろいろな講演会に行っております。ただ、諸事情により、なかなかブログに上げることが出来ずにいました。これからはできるだけ上げていきたいと思います。

 さて、先日、歯科医師会館で口腔がんについての講演会に行ってきました。皆さん、「口腔がん」って、ご存知ですか?

がんを知らない方はいらっしゃらないと思います。がんは死亡原因の約1/3と最も亡くなる原因として最も多い疾患です。その中の約1%が「口腔がん」です。1%というと大したことないように思いますが、全国で3,000人が口腔がんで亡くなっています。

先日、堀ちえみさんが舌がんを公表されて、手術されました。当院にも、その報道を受けて、「がんではないか」と心配された方が多く、受診されました。そのほとんどが口内炎等で問題ないものでした。中には入れ歯の傷と区別が難しいものもあります。

口腔がんに絶対にならないようにするというのは難しいのですが、喫煙や多量の飲酒、お口の清潔度との関連はあるようです。日頃から健康的な生活をして定期的なお口のメインテナンスが大事なんです。そして、心配があれば、いつでもご連絡ください。特に症状が1か月以上続く、口内炎は要注意です。当院には福島県立医大から定期的に口腔外科の先生が来ていただいてますし、米沢市立病院、置賜総合病院、山形大学にご紹介することも可能です。気になることがあれば気軽にご連絡ください。

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。

 

涼しくなりましたね…

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

 

こんにちは!ファミリー歯科の椎野です。

すっかり涼しくなり、秋を感じるこの頃ですね!

今年も暑かった夏!ついこの間飲んだレモネードがとっても美味しく夏の疲れを癒してくれました♡

なんとレモンをマルっと1個!!見た目にもインパクト大!!

そして秋と言えば食欲の秋…いやっ!スポーツの秋ですね♬

週に2~3回は朝少し早く起きてウォーキングをするようにしています。

稲刈りも始まり、刈った後の匂いが好きで朝にめいっぱい吸い込んでいます。

朝日がとっても気持ちい‼‼‼‼

一日の始まりがとっても爽やか~~~🌟これで仕事も頑張れる♬

でも、やっぱり食欲には勝てませんねwww

食欲の秋‼‼‼美味しい物が沢山ありますね😊

美味しく食事ができるように、ぜひ

歯科医院を受診し口腔内を綺麗にしてから美味しい秋の味覚を堪能してみませんか?😊

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同”笑顔″お待ちしています。

歯科豆知識 『ドライマウス』

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

 

こんにちは!米沢ファミリー歯科・矯正歯科の鈴木(祐)です!!

朝晩はもう寒いくらいになってきましたね。寒暖の差で体調崩さぬよう、気を付けて下さいね♪

 

さて、みなさんは『ドライマウス』という言葉を聞いた事はありますか?

ドライ=渇く

マウス=口。口腔(こうくう)

口腔乾燥症のことを言います。

これは、唾液量の減少と質の異常をきたす病気で、口の中が乾燥して様々な不快症状を引き起こし,

QOL(生活の質)を低下させます。

唾液はなんと!!毎日約1リットルもの量が唾液腺から分泌されています。

これは、500mlのペットボトル2本分に相当します。

その唾液が持つ重要な働きは、

①洗浄と清掃・・・歯や歯ぐきに残っている食べ物を洗い流します。

②むし歯を予防・・・唾液に多く含まれるカルシウム、フッ素、リン酸イオンの働きでむし歯を防     いでくれます。

③口内を保湿・・・話す、噛む、味わう、飲み込むなどの助けをします。

④細菌を抑制・・・菌の増殖を抑え、感染症や口臭を予防します。

⑤緩衝・・・お口の中のPHを中性に保ってくれます。

⑥保護・・・お口の中の組織を守ります。

       唾液の働きは、

       体の健康に不可欠!!なのです。

 

さて、みなさんは次の項目にいくつイエスが当てはまりますか??

・口の乾きが3ヶ月以上毎日続いている。

・あごの下(リンパ腫あたり)が繰り返し、あるいはいつも腫れている。

・乾いた食べ物を飲み込む時、しばしば水を飲む。

・水をよく飲む。

・夜中に起きて水を飲む。

・乾いた食品が噛みにくい。

・口の中がネバネバする。

・口の中が粘って話しにくい。

・口臭がする。

・義歯で口の中が傷つきやすい。

・むし歯が多くなったり、歯周病がひどくなった。

 

いかがでしたか?

イエスが多いほど、『ドライマウス』の可能性が高くなります。

ドライマウスに悩む人は、ドライアイで悩む人とほぼ同じ数の約3000万人いると言われています。

 

ドライマウスの主な原因は、

①加齢に伴う唾液の分泌量の低下

②閉経などによる女性ホルモンの分泌量の減少や、自立神経のバランスの乱れ

③ストレス

④不規則な生活

⑤口呼吸

⑥喫煙

⑦医薬品の副作用

⑧糖尿病や腎臓疾患、シェーグレン症候群などの病気によるもの

 

このように、ドライマウスはむし歯、歯周病、口臭を招くだけでなく、病気のサインになっている

ケースもあります。

そこで、ドライマウスにならないように、噛み応えのある食品を積極的に食べたり、お酒は適量にし、禁煙やストレスをためないなど、日常生活でできる予防法もあります。

 

最近、お口の中が以前とはなんか違うな・・・と感じたら、

「ただの口の中の乾燥」と思わずに、ぜひお気軽にご相談ください(^_-)-☆♬

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。

 

 

 

私事ですが・・(*_ _)

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

皆さん、こんにちは!

歯科衛生士の砂小原です!(^^)!

まだまだ暑い日が続いていますが、夜になるとだいぶ涼しい日がでてきましたね!

秋の始まりももう少しでしょうか🍁

 

 

今回のブログはご報告になります!

 

私事になりますが、

この度、出産のため9月よりお休みに入らせていただくことになりました(*^-^*)

お気づきになられていた患者様もいらっしゃったようで、あたたかいお言葉や応援のお言葉をたくさんいただきました!!

本当にありがとうございます(ノД`)・゜・。

 

院長先生はじめ、スタッフのみなさんにもたくさん支えていただき、ここまでくることができました!

本当に感謝しかありません😖✨

 

しばらく皆さんにお会いすることができなくなってしまい寂しいですが、元気な赤ちゃんを産んで戻って参ります👶💕

今後ともよろしくお願いします✨

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。