入れ歯

やむなく、抜歯された場合

様々な事情により歯がなくなってしまった場合、 部分入れ歯や総入れ歯などを装着することになります。 健康保険適応の場合は使用できる素材に制限がありますが、 自費診療の場合は素材の制限がなくなり、 さらにフィット感の良い入れ歯にすることが出来ます。 また、バネのないフレキシブルデンチャーなど様々な入れ歯をご用意しております。
当歯科医院では患者様のご要望にそって、最適な義歯を作製しています。

義歯の種類

シリコーン義歯

シリコーン義歯

「上の入れ歯はいいのだけど下の入れ歯が痛くて・・」そんな患者様の話をよく聞きます。

上に比べると下の顎は、歯ぐきが弱く、舌が動くため入れ歯が安定しづらく、痛みが出やすい傾向があります。十分な診査を行なってから、丁寧な入れ歯作りが大切になります。
  当院では、総入れ歯で、痛みがでやすい方にシリコーン義歯をお薦めしております。
歯ぐきにあたる部分の2~3ミリの部分だけ生体用シリコーンで、他の部分は通常の義歯と同じプラスチック(レジン)製です。シリコーンは、口の中に入れると、体温で柔らかくなり、外に出すと硬くなり、削ったりすることができるスグレモノです。

シリコーン義歯

以下にメリット・デメリットをまとめてみました。ご参考まで。

シリコーン義歯のメリット

・入れ歯が当たることによる痛みが軽減される。
・入れ歯が落ちたり外れたりしにくくなる。
・ほとんどの症例で使用することができる。
・現在使っている入れ歯を改修することが可能。

シリコーン義歯のデメリット

・シリコーンは汚れが付きやすいため、1~2年に一度シリコーン部分を交換する必要がある。
・保険がきかない。

シリコーン義歯裏話

シリコーン義歯は汚れが付きやすく、保険がきかない欠点はありますが、実際に使用している人の話を聞くと使い心地はかなり良いようですし、使用期間に関しても、きちんと洗浄などを行えば2~3年は問題なく使えるようです。

フレキシブルデンチャー

バネのない入れ歯です。(金属を使用していない入れ歯です)

見た目にも気付かれにくく装着感にも審美的にも優れています。 調整が困難というデメリットがあり、どこの医院でも出来る、というものではありません。
金属アレルギーの方にも安心してご使用して頂ける入れ歯です。 当歯科医院で作製させていただくノンクラスプデンチャーは日本国内で作られるものです。

金属床義歯

金属を使用することで、食べ物や飲み物の冷たい・温かいがすぐ伝わるので美味しく食事をいただけます。 また薄く作れるのでフィット感が増します。

レジン床~はじめての方も安心 保険でつくれる入れ歯~

保険でつくれるピンクの入れ歯

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)でつくられた一般的な入れ歯です。 保険で作ることができ、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。 入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感やあたるところなどがでてきます。
レジン床の入れ歯は、修理・改良が簡単にできますので、こういったトラブルにも迅速に対応できます。

レジンって大丈夫?

レジンはこの数十年間入れ歯の材料として使われてきたものです。 上手に使用することで、強さ、硬さが十分で、安定性が良い、耐久性、 などの点で十分に入れ歯に適した素材として期待できます。 悪臭・刺激・毒性が無い、滑らかできれい、などもレジンの良い点です。

はじめての方も安心

入れ歯を入れたいけど、保険がきくものが良い。 はじめての入れ歯で心配などという方におすすめの入れ歯です。

初めて入れ歯を入れる方へ

入れ歯は貴方のお口に合わせて作られています。 しかし、初めて入れた場合は違和感を感じることでしょう。 大切なのは慣れと練習です。

入れ歯をはめる前に

初めて入れ歯をはめる際は水で一度濡らしてください。 入れ歯のはめ外しは、丁寧にゆっくりとしてください。 慣れると簡単にできるようになります。

初めての入れ歯

初めは違和感が出て、外したくなりますが、まず1日は我慢してください。 代表的な症状として、唾液が出やすくなる、歯や歯ぐきが締め付けられるような感覚が出る、話しにくい、吐き気がでる、などがあります。
これらの症状は2~3日で消えていきます。 しかし、強い痛みや症状が出るようであれば担当医までご連絡ください。

練習と慣れが必要です

入れ歯を上手に付き合うためには練習と慣れが必要です。 しかし、どうしても慣れない場合や、痛みが消えない場合は担当医までご連絡ください。
その際どこが痛いかが伝えられるようにしていただけますと調整が早く済みます。

定期健診においでください

お口やあごの骨の形は日々微妙に変化していきます。 入れ歯もそれに合わせて定期的な調整が必要です。
緩んでガタついた入れ歯は不便で見た目が悪いので、年に3~4回は定期検査をお受けください。