むし歯

むし歯予防豆知識

むし歯予防の3種の神器

フッ素シーラントキシリトール

1. フッ素

フッ素といいますと歯科医院で予防のため歯に塗布されていましたが、最近は歯磨き剤にフッ素が配合されているものが多く市販されています。それほどフッ素の効果が一般に認識されていると思われます。では、どのような使用方法と効能があるのでしょうか?

使用方法

フッ素歯面塗布法

1)フッ素歯面塗布法
歯面への塗布は、フッ化物溶液を小綿球で塗るだけです。
この際、歯をよく乾燥させる必要があり、しばらくお口を開けたままの状態に保たなければなりません。

2)フッ素洗口法
フッ素洗口とは、ブラッシング後フッ素を用いて毎日洗口(うがい)する方法です。
ご家庭で簡単にできます。

フッ素配合歯磨き剤 子供用 フッ素配合歯磨き剤 大人用
子供用 大人用

3)フッ素配合歯磨き剤
最も取り入れやすく、自然に行えるものがフッ素配合歯みがき剤の使用です。
またお子様のデリケートな歯には更に低刺激・低研磨性を有する子供用歯みがき剤を推奨いたします。

2. シーラント

シーラント

お子さんのむし歯は歯の表面にある溝が最もなりやすい箇所です。子供の歯はこの溝の部分が細く深く入り組んでいるために、どうしても歯ブラシが届かずむし歯になりがちです。
そこで、この溝にフッ素を徐々に放出する材料で蓋をしてしまう方法がシーラントです。

3. キシリトール

キシリトールガム

キシリトールは多くの果実や野菜の中に含まれている天然甘味料です。甘味度は砂糖とほぼ同じですが、お口の中で爽やかな清涼感が得られる事が特徴です。キシリトールの安全性についてはFAO(国連食料農業機関)やWHO(世界保健機構)からも安全性の高いカテゴリーとして評価され、またインシュリン非依存的に代謝されるので血糖値への影響がなく、糖尿病の方も安心して摂取できます。これまでにも、ソルビトール、マルチトールといった甘味料はあり、ノンシュガーのお菓子類に使われていました。しかしキシリトールの特筆すべき点は、フッ素のように齲蝕の発生を予防・減少させるという抗齲蝕性を有するということです。市販のものは濃度が低く、効果が少ないと言われていますが、当院では歯科医院専用の100%キシリトールガムを取り扱いしております。


むし歯について

歯を失う原因のほとんどはむし歯か歯周病です。
つまり、この2つを防ぐことができれば、生涯にわたって自分の歯を保つことができるのです。
当歯科医院では、そのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

むし歯の進行


C1の状態で治療すればほとんど痛みもなく少ない回数で治療を終えることができます。

削る量を最小限におさえる

むし歯治療というと、イメージするのはドリルの嫌な音やきれいに磨かれた銀歯という方も少なくはないのではないでしょうか。現在は材料の進化により、このような古めかしいイメージのむし歯治療は、過去のものとなり、その考え方を大きく方向転換しています。現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=ミニマム・インターベンション 削る量を最小限に抑える)という大原則があります。

むし歯のコントロール

boy.gif 現在ではむし歯の原因がほとんど解明されています。むし歯になる原因を知り、患者様と歯科診療所が協力することで、むし歯をコントロールすることが可能となっています。むし歯になる前に是非一度、お口の中を正確に検査することをおすすめしています。

むし歯の部分のみを削る

詰め物の接着性の向上から、ムダに健全な部分を削る必要はなくなりました。むし歯の部分のみを削り、詰めるということが可能になったため、より歯にやさしい治療ができるようになりました。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

再石灰化

むし歯も程度によっては、再石灰化し自然に治ると言われるようになりました。初期むし歯は、あえて削ることなく、ブラッシングやフッ化物の塗布などを行ないながら、経過を見ていきます。

歯科医院でのフッ素塗布

フッ素は、歯の表面に塗ることで歯を硬く強くし、むし歯になりにくくするためのお薬です。
フッ素塗布は定期的(年に3~4回)に塗布することが有効です。

当院は、定期的なフッ素塗布を推奨しております。
歯科医院で使うフッ素は、安全量ですので、安心してお使い頂けます。
特に、歯が生えて間もないお子様のむし歯予防には非常に効果的です。
歯磨きとお薬の力を合わせることで、よりむし歯になりづらい環境をつくっていきます。

むし歯は早期発見が大切です

生涯にわたり、美味しく食事をいただく為には、口腔内の環境を良くすることが大事です。
むし歯がある場合は、まず、むし歯治療をすることが第一歩になります。
大人のむし歯の場合は早期発見・早期治療が有効です。
当歯科医院では抜歯は最後の手段と考えています。
歯をできるだけ残すためにも早めに治療においでください。

歯科医院での早期発見と早期治療

治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで、むし歯リスクを最大限減らすことができます。
とはいえ・・
歯医者はなんとなく怖くて
痛い治療は嫌・・・
分かっているけど、むし歯は進行しているけど、痛くないのでほったらかしにしている
いそがしいのでそのままに・・
というような方はまだまだ多いのが現実です。

怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか分からないと言った不安要素が大半のようです。
痛くない治療を心がけるのは当然ですが、当歯科医院では不安を解消していただくため、治療についてのご説明をきちんと行っています。不安な点や分からないことがあれば、お気軽にお尋ねください。


むし歯を予防する

マタニティ歯科 ”マイナス1歳からの予防歯科” 

フッ素歯面塗布法 聞きなれない言葉ですよね。
これは妊婦さんとお父さん、これから生まれてくるお子さんを対象にした予防歯科の考え方です。
子供は生まれた時にはむし歯菌も歯周病菌も持っていません。では、どうしてむし歯や歯周病になってしまうのでしょうか?それは、お父さんやお母さんから感染するからです。すなわち、お父さんやお母さんがむし歯や歯周病に感染していて、しっかりとしたプラークコントロールが出来ていなければ、お子さんにも簡単に感染してしまうのです。

妊婦さんになったら、お母さんはもちろん、お父さんも一緒に、これから生まれてくるお子さんのためにお口のケアを頑張りましょう!米沢ファミリー歯科・矯正歯科は、家族単位でサポートします。