妊婦検診

むし歯予防は妊娠中から始まっている

妊婦検診

赤ちゃんに乳歯が生え始める頃、もしお母さんの口の中にたくさんのむし歯菌がいたら、歯が生えたばかりの赤ちゃんの口の中は、ほぼ間違いなくむし歯菌に感染しています。乳幼児期に悪玉菌が定着してしまった子どもの口の中を衛生的に改善していくことは、大変な努力が必要です。
むし歯予防の第一は、まず母親の妊娠から赤ちゃんに乳歯が生えるまでの間に、むし歯菌を赤ちゃんに感染させないことです。むし歯予防は、妊娠中からすでに始まっています。
しかし、妊娠、出産、授乳、この時期は、つわりに始まる体の変調のために、食事も不規則になります。出産後は出産による疲労、育児の忙しさと疲れのために、お母さんのお口の中の衛生状態は、どうしても悪くなりがちです。
妊娠を知ったその日から、出産に備えて、お母さんご自身のお口の衛生に気を配ることが大切です。このことが赤ちゃんのむし歯予防にとってとても効果的な第一歩です。当院ではママさん歯科衛生士が在席していますので、ぜひご相談ください。