早期治療(混合歯列期の治療)

大人の歯が生えてきて歯並びが気になったら

5~6歳で最初の永久歯が生えてきます。
そして最後の永久歯が生え、歯並びが完成するのは12~13歳頃です。
どんな歯並び、顔貌になるのか?とても大切な時期です。

治療期間について

歯の生え方やあごの成長に合わせて、大人の歯に生え変わるまでに行います。
ただし早期治療期間中はずっと毎月通院していただくわけではなく、装置の種類にもよりますが1~2ヵ月に一度程度の通院後に、4~6ヵ月に一度程度の経過観察となることがあります。

早期治療を行うメリットについて

早期治療では、あごの成長をコントロールし不正咬合の程度を少なくするメリットがあります。そして、永久歯での本格治療に移行した時に、歯を抜く可能性を低くしたり、固定式の装置を付けている治療期間を短くするなど、本人の負担を少なくする結果へと導きます。

子供の矯正は歯の生えかわりだけでなく、顔面骨格の成長も考慮に入れて将来の展望を見据えた診断が大切です。歯の生えかわりだけをみて、あごを拡げるだけでどんな症例でも歯を抜かずに治せるというわけではなく、予測を判断するのが難しい治療です。
当院では専門知識を持った矯正歯科認定医が治療を担当いたしますので早期治療の必然性について、詳しい検査と正しい知識の下で明確にいたします。

子供の矯正治療から成人矯正治療への流れ

子供の矯正治療の流れ

矯正装置について

小さな子に矯正装置を付けるのはかわいそうと思いがちですが、4~9歳の早期治療で大人のような固定式装置を長期間使うことは少ないです。12歳くらいまでに使用する主な矯正装置を紹介します。

拡大床

拡大床

上あごや下あごに装着します。ネジを回すことであごの幅を拡大し、歯を並べるスペースを獲得したり、かみ合わせを正します。

クワッドへリックス(バイへリックス)

クワッドへリックス

上あごに装着します。針金を調整することであごの幅を拡大し、歯を並べるスペースを獲得したり、かみ合わせを正します。左右で力を変えたりすることができます。