歯周病治療

歯周病について

歯周病は決して高齢な方にのみ起こる病気ではありません。
35歳で80%以上の方が歯周病になっていると言われていますが、実は10代のころから少しずつ進行しているのです。

歯周病とは

歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、最悪の場合歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行過程

正常な場合歯周炎(G)軽度歯周病
歯周ポケットは1~2㎜
炎症もなく引き締まりもあり、きれいなピンク色をした歯茎です。
歯周ポケットは2~3㎜
歯肉の炎症が主で出血も見られる。若年層に多く、歯ブラシ指導をメインに行ないます。
歯周ポケットは3~4㎜
歯肉の炎症、出血、歯槽骨の吸収がはじまる。歯ブラシ指導、歯石除去(歯肉の上、歯周ポケット内)を行います。
中度歯周病重度歯周病歯周病末期
歯周ポケットは5~6㎜
歯肉の炎症、出血、歯槽骨吸収、歯の動揺(Ⅰ~Ⅱ)がみられる。歯ブラシ指導、歯石除去(歯肉の上、歯周ポケット内)状態によっては薬を使用した治療を行います。
歯周ポケットは6㎜以上
歯肉の炎症、出血、歯槽骨吸収、歯の動揺(Ⅱ~Ⅲ)排膿等がみられる。歯ブラシ指導、歯石除去(歯肉の上、歯周ポケット内)薬を使用した治療、場合によっては歯を抜くこともあります。
歯が自然に抜けてしまいます。

危険信号は?

  • 毎日の歯磨きで出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉が何となくゆるんでいる感じがしたりする
  • 口臭が続いていて気になる
  • 何となくどこか、痛い・かゆい・不快だと感じる
  • 歯がぐらつく
  • 歯が伸びてきた
  • 歯の位置が移動してきた

こんな症状のある方は要注意です

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

ほとんどの人は、「歯肉から血が出る」「腫れた」といった自覚症状を感じてから初めて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。
歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。
歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯周病の治療と予防

歯石は、唾液中のカルシウムなどが沈着することにより自然にできます。
そして一度付いた歯石は医院でしか除去できません。
定期検診の最大の目的は、この付着した歯石の除去です。同時に初期むし歯の有無もチェックします。

当歯科医院では歯周病治療を行なうと共に、歯周病予防、ブラッシング指導などのお手伝いもさせていただいております。
現在、むし歯がない方も歯石除去の為に定期検診に来ていただければ、気付かないうちに歯周病が進行して歯ぐきから血が出てくる・・と言った事態を避けることができます。

自分の口腔内の症状を自覚し、早めに対処することが大切です。

医科において一般的な感染症は風邪です。一般的な風邪であれば医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合治ります。
では、歯周病はどのように治療するのでしょうか。

歯石除去

一般的な歯周病治療法です

歯ぐきの見えるところはもちろん歯周ポケットの中まで歯石がついています。機械的に除去していきます。

歯周内科 新しい歯周病治療法です。

位相差顕微鏡で拡大して菌の状況が確認できる

位相差顕微鏡で拡大して菌の
状況が確認できる

初診の菌の状態→治療開始から1週間後。正常な菌だけになりました。

歯周病の検査を行ない、薬を併用して歯周病を治療します。

従来の歯周病治療は、効率の良い歯磨き練習や固まった歯石の除去、それでも改善されない場合は外科的処置によって歯周ポケットを改善する方法が主流ですが、その方法は痛みを伴います。
歯周内科治療は、患者様のお口の中の歯垢をほんの少し採取し、それを位相顕微鏡で観察します。顕微鏡を見ることで、お口中の菌の状態(種類、数、活動性)を確認し、その状況に応じて薬を処方します。

歯周病と全身疾患

歯周病はお口の中で起こる疾患ですが、歯周病が原因で糖尿病や心臓疾患などの全身疾患を引き起こすことがあるのは既に確証されています。

お口から健康へ

歯周病は全身に影響を及ぼします

歯周病は歯を失う大きな原因です。歯は食べ物がはじめて出会う「消化器」であるだけに歯周病で歯を失うと、からだ全体に大きな影響が及ぶ可能性があります。そして今、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることが分かってきました。

歯周病対策で健康力アップ

歯の病気とからだの病気

脳…認知症

噛むことが脳を活性化することがわかってきています。噛むことによる刺激で学習能力に深く関わる伝達物質が増えます。

肺…肺炎

“誤嚥性肺炎”とは、食べ物や唾液が誤って肺に流れ込むことで、口の中の細菌によっておこる肺炎をいいます。高齢者、寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に多く発生しています。

心臓…狭心症・心筋梗塞

歯周病菌が動脈硬化をおこしている血管に付着すると、血管を狭める作用を促進すると考えられています。

すい臓…糖尿病

歯周病は糖尿病を悪化させます。インスリンの活性を干渉し、血糖値のコントロールが不十分となり糖尿病を悪化させます。

骨…骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の密度が減ってスカスカになり、骨折しやすくなる病気。骨粗しょう症の人が歯周病になると、歯を支える骨が急速にやせてしまいます。

おなか…肥満・メタボリックシンドローム

噛むことが肥満を防ぐメカニズムもわかってきています。“一口30回噛む”ことは肥満予防法として、厚生労働省でも取り上げられています。

子宮…早産・低体重児出産

妊婦さんが歯周病になると、おなかの赤ちゃんが小さく生まれたり、早産になるリスクが高まることが知られています。