豆知識ブログ!!『知覚過敏とは』

 

山形県 米沢市 一般・小児・矯正歯科

〈一般・小児・矯正治療〉ファミリー皆様で通っていただける米沢市の歯科医院

 

 

 

みなさんこんにちは!ついに雪が降り始めましたね❄本格的な冬がやってきました!
寒くなり、冷たい風や冷たい水で歯がしみる(>_<)…なんて方いらっしゃいませんか?
それはもしかしたら???
今回のテーマ『知覚過敏』かもしれません!

最近、歯みがき剤のCMで知覚過敏という言葉を耳にしますよね?

歯がしみることだということは、ご存知の方も多いと思います。

ではなぜ知覚過敏は起きるのでしょうか。

知覚過敏とは?
むし歯でもないのに、歯ブラシなどが歯に当たったり、風に当たった時、冷たい(温かい)飲み物や食べ物が口に入った時に一時的に起きる歯の痛みの症状のことをいいます。

歯の神経の周りは、柔らかな象牙質でできていて柔らかく組織もスカスカです。その上に表面が固いエナメル質がありますが、このエナメル質があるのは歯ぐきのうえの見える部分だけなんです。                                                                      

このエナメル質が何かの原因で削れたり、歯ぐきが退縮して歯の根元の象牙質が露出して、神経に刺激が伝わり痛みになります。


では、歯の表面のエナメル質が傷ついたり削れてしまう原因にはどんなことが考えられるでしょう?
●歯みがきの力が強すぎる・歯みがき剤のつけすぎ
最も大きな原因と言われています。毎日ゴシゴシと力任せにみがいていると、歯がすり減ってしまいますし、歯茎も下がってしまう可能性があります。やさしくみがいてくださいね(*^^*)
また、市販の歯みがき剤には歯の表面の汚れを効率よく落とすために「研磨剤」が配合されています。研磨剤の入った歯みがき剤を使えば、ますます歯は削られてしまいます。使うとしてもほんの少しの量で充分ですし、研磨剤の少ないもしくは入っていない歯みがき剤を使うといいかもしれません。

歯はみがかなくてもダメ、みがきすぎてもダメなんです(>_<)
●歯周病・加齢による歯肉退縮
歯周病が進行し歯茎が下がってしまうと、歯の根元部分が露出してしまいます。歯の根元部分は、エナメル質はなく象牙質のみでできているので刺激を直接受けてしまうのです。
また、歯周病ではなくても年齢とともに歯茎が下がっている場合もあります。
●歯の食いしばり・歯ぎしり

歯を強く嚙みしめる食いしばりや歯ぎしりによって、歯ぐきが下がったり歯周病を進行させてしまう場合があります。自分では自覚しづらいので、歯科医院で診断してもらいマウスピースを使うことで予防になります。

自分では気付かないうちに起こるものだということがわかりますよね(´・ω・`)


一時的に知覚過敏専用の歯みがき剤を使ってみるのもよいと思いますが、歯科医院を受診して正しい処置をうけましょう。むし歯の初期症状と知覚過敏の症状は似ているので、むし歯を放置して深刻な状況まですすんでしまう可能性があります。また、知覚過敏の症状を抑える治療もありますし、歯みがきや生活習慣の指導を受けて予防につなげていってほしいと思います。
歯がしみてお困りの方、知覚過敏を予防していきたい方もぜひいつでもご相談くださいね。         
髙橋   

 

 

 

予防 カウンセリング 院内感染予防 5S

地域の皆様に支えられ3代続く歯科医院

米沢ファミリー歯科・矯正歯科

TEL0238-21-5533

お気軽に歯のお悩みご相談ください

スタッフ一同〝笑顔〟でお待ちしております。