お子様のお口に合わせた
オーダーメイド治療をご提案します!

歯並びの重要性知っていますか?

1 歯並びがコンプレックスとなり、心理的に悪影響を及ぼす

歯並びは、あごやお顔の形成にも影響を及ぼすため見た目を損なってしまうだけでなく、歯並びが悪いことが心的ストレスとなり、人前で笑うことに抵抗感が強くなってしま い、人格形成にも影響を及ぼします。


2. むし歯や歯周病になりやすい

歯列がデコボコしていると、歯の重なったところや歯肉との境目に通常より汚れが溜まり、歯ブラシの毛先も届きにくく、どうしてもお手入れが不十分になりやすくむし歯や 歯周病が発生しやすい環境になりやすいです


3.正しい発音ができない

多くの場合、舌や口の周りの筋肉の動きにも問題があります。舌ったらずな発音や、「サシスセソ」などの摩擦音が上手にできません。


4. 咀嚼に障害を起こす

食べ物を噛み砕くことが十分にできず、その結果、栄養摂取が悪く、ときには胃腸を壊すことにもなります。


5.顎関節症を起こす

歯並びやかみ合わせの悪さからあごの関節に負担がかかり、口が開かない、あごの関節音がする、口やあごの周囲の関節が痛む、といった顎関節症の症状を起こしやすくなります。


当院の矯正治療について

大学病院で矯正の研鑽を積んだ医師による治療

当院は、一般の歯科治療を主体とした医院運営をしておりますが、院長は矯正治療を専門に学び、大学で研鑽を積んだ経験があります。豊富な治療方法の中から、お子様のお口の状態に合わせた、治療プランをご提示いたします。

セカンドオピニオンや治療が必要か相談だけしてみたいという方も、どうぞお気軽に当院までご連絡を頂ければと思います。

一般歯科治療と平行した矯正治療

当院は矯正専門の医院と異なり、一般の歯科治療も並行して行う事ができます。そのため、むし歯がある場合は治療を終えた後に、同じ医院で矯正治療へ移行ができるメリットがございます。また、矯正治療中に万が一むし歯ができてしまった場合も、矯正を中断する事無く治療を行う事が可能です。矯正中は、歯磨きが難しくなり口腔内の状態が不安定になりがちですが、一般・矯正の双方の治療に対応できる体制により、安心して治療に取り組んで頂く事ができます。

口腔筋機能療法(MFT)の併用

MFT(口腔筋機能療法)とは、正しい舌の動きや正しい口のまわりの筋肉の動きを覚えていき習慣化し、正しく機能させる訓練のことです。当院では、どの矯正治療を選択したとしても、この口腔筋機能療法(MFT)を併用して頂きます。併用することで「相乗効果」や「矯正治療後の後戻りしにくさ」と言った効果が期待できます。幼少期の生活習慣や癖も、その後の発育に大きな影響を及ぼします。早いうちに正しい習慣を身につける事で、治療期間の短縮や治療効果の向上が期待できるようになります。


早期に治療を開始する意義

矯正治療は、歯と歯茎が健康であればいつからでも開始する事ができ、実際、大人になってから治療をされている方も大勢いらっしゃいます。
ですが、早期に、それも幼少期のタイミングで開始をする事には、以下のようなメリットがあります。

  • 身体的・経済的な負担が少なくて済む
  • 治療の選択肢が多い
  • 治療に必要な期間が比較的短くて済む
  • 治療後の巻戻りが起こりにくい
  • 顔つきや姿勢、発音が良くなる
  • 風邪やむし歯などの病気にかかりにくくなる

成長するにつれ、永久歯の生え変わりや骨格の形成などによって、治療の難易度は高まり、選択肢も限られ、身体的な負担も増大してしまいます。
また、大きくなるにつれて、クラブ活動や受験などの影響により、継続的な治療が困難になってしまうケースもございます。
そのため、当院ではなるべく早いうちから治療を開始する事を推奨しております。
矯正相談も受付けておりますので、歯並びについて少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご連絡ください。


年齢に応じた治療方法

6歳以下の矯正治療

歳頃子供の歯が生えそろうと、舌や口の周りの筋肉の使い方も変化します。不適切な習慣が残っていると、お口の中や口元に悪影響を及ぼします。そのため、この時期は正しい習慣を身につけるため、プレオルソやT4Kという装置を使った予防矯正をメインに行なっていきます

プレオルソ T4K

起床時1時間と就寝時だけマウスピース装着する矯正治療になります。舌や唇、頬の筋肉のバランスを整えてあげることで、正しいあごの成長や自然な歯の生え変わりを助け、歯並びが悪くなってしまうことを予防します。学校に通っている間は装着する必要がないので、精神的な負担が少なく済みます。また、着脱が可能なので、虫歯のリスクも少ないです。顎が形成しきらない、早い時期だからこそ、選択できる治療になります。

7~12歳の矯正治療

第一大臼歯(6歳臼歯)の生え始めた小学生低学年くらいに始める矯正が床矯正になります。顎を広げることで舌を適切な位置に配置したり、お口の空間を広げることで、歯列が動きやすくなります。また、鼻腔が広がり呼吸しやすくなることも多くの論文で報告されています。万一、本格矯正(ブラケット矯正)が必要になったとしても、最小限の介入で治療が可能です。

拡大床 クワッドヘリックス

床装置は取り外しが可能です。学校での授業で「音楽で笛を吹く」「英語で発音テストがある」「集合写真撮影」など、どうしても気になる際にはご相談ください。

永久歯の矯正治療

矯正治療は、歯と歯茎が健康であれば何歳からでも可能です。大人の歯が生え揃ってからは、それぞれの歯を理想的な位置に配列していく治療になります。歯を動かす期間(動的治療期間)は、個々の症例や全体を治すのか、部分的に気になるところだけを治すのかなどによっても異なりますが、1ヵ月に一度程度の通院で1~2年半程度のことが多いです。

ローフリクションブラケット マウスピース矯正

歯の大きな移動はできないため、適応症例が限られますが、目立たず取外し可能なマウスピース矯正も取り揃えています。


大人の矯正治療はこちら


治療の流れ

1

矯正相談

ご相談は随時承ります。お電話よりご予約ください。

2

精密検査

被曝量の少ない矯正用のレントゲンを完備しています

3

検査結果説明

検査結果、治療計画、費用などを担当医よりご説明します。

4

装置作成と装着

オーダーメイドの矯正装置を作成し装着します

5

歯の移動

担当医の指示を守って普段通り生活をしてください

6

保定

移動した歯を固定する装置を作成し装着します

7

今後のご説明

精密検査を再度行い、今後の方針をご説明します

費用について

相談料 3,000円
精密検査 28,000円
調整料 5,000円/回
※診察毎にかかります
I期治療(乳歯) 総額400,000円
II期治療(永久歯) 総額800,000円

※治療は保険適用外となります
※費用はすべて税抜です
※1期,II期とも移動,保定込みの金額

医療費控除について

医療費控除とは、1年間で支払った医療費の合計が一定金額を超えたとき、その医療費を基に計算した金額分の「所得控除」を受けることができる制度です。矯正治療も控除対象となります。ご不明点がございましたら、医院までおたずねください。